Poppins i-ce 卵子凍結という愛し方

Scroll

卵子凍結という愛し方

「婚期逃すよ」「いつ産むの?」

「仕事ばっかりしてていいの?」

時々、そんな声が私たちを押しつぶす。

いまは目の前のことを頑張りたい。

でも、未来の私はどうだろう?

現代の日本では、6組に1組が不妊治療を受け、
その成功率は年齢とともに低下します。

卵子凍結という選択肢が、女性の可能性を広げられたら。

いまの自分も、未来の自分も、愛せるように。

CONTENTS

  • 国内外の不妊治療や卵子凍結の最新動向を発信

    日本は不妊治療の認知や取り組みが、大きく遅れています。
    現在アメリカでは、不妊治療が一般化し大手企業の66%が、
    州の法律に関わらず福利厚生の中に含めています。
    妊娠力の温存や卵子凍結について、国内外の最新動向をお知らせし
    正しい知識としてお役立ていただくコンテンツを展開いたします。

  • 「高額療養費制度」と公的保険適用の最新情報を提供

    特定不妊治療(体外受精と顕微授精)にかかった費用の一部助成する
    「特定不妊治療費助成事業」は、令和3年1月1日以降に終了した治療から
    助成内容が大幅に拡充いたしました。
    今後広がっていく公的制度に着目した最新情報をご提供いたします。

  • 体験者インタビューや医療専門家によるコラムを配信

    不妊治療、卵子凍結の経験者へのインタビューや体験談など
    現在の状況に耳を傾け充実した記事コンテンツを配信予定です。
    また、妊活や不妊治療について各専門家のアドバイスも掲載。
    気になるからだの悩みに対するQ&Aなどもご紹介していきます。

  • 不妊予防セルフチェックシートのご提供

    不妊予防・治療をする上で自分のからだのことを予め知っておく事が大切。
    セルフチェックシートを利用し、現在の状態や早期発見のきっかけに
    お役立ていただくことが可能です。不安や気になることがあれば、
    専門医とのオンライン相談窓口をご用意してますので、お気軽にご相談ください。

  • 不妊の提携治療院や専門医をご紹介

    お一人お一人の状態に合った治療を心がけながら、小さなお悩みに寄り添います。
    提携先の治療院のほかそれぞれの領域の専門医へのご紹介も行います。
    ご希望やご要望に応じ費用や通院回数など不妊に関する悩みに真摯に向き合い
    万全のケアが行える環境をご支援いたします。

  • 経験豊富なカウンセラーによる企業向け研修の実施

    妊娠教育はありますが、不妊教育がないのが日本の現状。
    経験豊富な専門家が、不妊予防や治療についての正しい知識をお伝えし
    働き方やライフプランの設計、パートナーとの関わり方について
    ご自身が考える機会となればと願います。

SHARE

  • Facebook
  • Twitter